ウィルス インフルエンザにはA型とB型がありますが、今年は流行が早く、12月初旬から流行していますが、A型が多いです。B型はまだ少ない傾向にあります。

A型にかかったあとにB型にかかった方や、B型にかかったあとA型にかかった方もいますので、1回かかったから今年は大丈夫!と油断しないようにしてくださいね。

予防は、うがい、手洗い、人ごみを避けることですが、もしかかってしまった場合は以下の点に気をつけましょう。

インフルエンザは外来で迅速診断ができます。しかし、発熱して数時間では陽性にならず、熱がでて半日以上たってから陽性になったり、翌日に検査して陽性になることもあります。検査の精度はかなり良いのですが、100%判定できるものではないため、症状、流行状況からインフルエンザと診断することもあります。早いうちに、遅くとも48時間以内に治療薬(抗ウイルス薬)を開始すると、症状が軽くすむことが多いです。

家庭では、家で寝て休ませること、保温(寒すぎず、暑すぎず)、消化の良い食べやすいものを与え、水分を十分にとらせるようにしましょう。

飲んでいる薬があるときは医師に飲み合わせを確認してください。抗ウイルス薬を使用する際は、使い方と注意点を必ず聞いておきましょう。熱冷ましも使用してよいもの、いけないものがあります。こどもに使えるのはアセトアミノフェン(商品名:アンヒバ、カロナール、アルピニーなど)となっています。どの薬の使用も医師の指示どおりにし、注意点を守って使用しましょう。

インフルエンザの抗ウイルス薬を使用している、していないにかかわらず、インフルエンザはけいれん、脳症、肺炎などの合併症を起こす危険がある病気です。

ご家庭での自宅療養中は、一人にせずそばにいて、しっかりとお子さんの様子をみてあげてください。

抗ウイルス薬を使用しても、熱が4日目でもさがらない(上がったり下がったりする)、元気がなくなった、41度以上の熱、高熱とぐったり感が強い、何度も吐く、咳で吐く、咳でねむれない、行動がおかしい、発疹がでてきたなど『いつもと様子が違う』と思ったら早めに受診をしてください。

けいれんや意識がはっきりしないとき、呼吸が苦しく顔色が悪いときは大至急、病院へ。

指示された受診の日がある場合はその日に必ず受診しましょう。薬がなくなっても咳や鼻水など症状が残る場合も受診しましょう。

熱がさがってからもすぐ登園・登校はできません。学童は「5日間かつ熱がさがった日の翌日から数えて2日を経過するまで」出席停止、幼稚園・保育園の幼児では「5日間かつ熱が下がった日の翌日から数えて3日を経過するまで」出席停止となっています。熱がすぐに下がらない場合は5日以上の出席停止となることがあります。出席停止期間について、受診の際は聞いて帰るようにしましょう。

■ 出席停止期間についての資料はコチラ
幼稚園児/保育園児の場合
小学生以上の場合