ご報告

| 医院情報 |

このたび、きの小児科医院は現在の駐車場地に移転することとなりました。

感染症のこどもたちのための部屋を5つ、それから、予防接種や内科の患者さんのための部屋を3つ。

ここに来られる方に最大限こたえていけるように、今までの反省を生かして、よく考えて設計しました。

肺炎をいち早く診断するために、レントゲン室を作ります。

また、空気も設計することにしました。

いくら空気清浄機をまわしても、室内の空気を回しているだけでは意味がありません。

換気設備と空気清浄機能を兼ね備えた換気システムを構築します。

災害が多いこの時代、非常用電源についてもよく考えました。

この6年間たくさんの患者さんとむきあい、沢山のことを学びました。

開業して一番よかったことは、完璧な答えなんてどこを探しても存在しない、ということを心から理解したことかもしれません。

一緒に苦しんだり、悩んだりすることでしか見えない景色があることを知りました。

そうやって患者さんとともに見る景色は、美しかったり悲しかったり、さまざまな色に満ちています。

そのどれもが尊いと思えることが何よりもの私の幸せです。

そして、このように移転して、もう一度、反省を生かしながら再スタートを切れる地点に立てるまでの道のりは、決して私一人で歩いたわけではありません。

これから建設する医院との縁も、心から、きの小児科医院を愛し、こどもたちや患者さんのためにと願った、表には立たないながら尽力してくださった、たくさんの方たちとの出会いが支えてくださり、結ばれたものだと思っています。

地域の方々の健康と安心のために、日々これからも研鑽を重ね、努力して行きたいと思っています。

皆様、新しい医院を楽しみに待っていてください。

来年8月頃完成予定です。

工事中はいろいろとご不便をおかけすると思いますが、何卒ご容赦いただき、ご協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。