診療案内

  • こども
  • おかあさん
  • アレルギー
  • 漢方内科

おかあさんのかぜ

 こどもの病気の看病は、思ったよりも身体にこたえます。こどもが病気のとき、おかあさんにもうつってしまい、治療を必要とすることがよくありますが、おかあさんは単独では病院になかなかいけません。こどもと一緒におかあさんも診療させていただきます。お気軽にご相談ください。

 

母乳の相談

 おっぱいが出にくい、赤ちゃんの吸い方が弱い、つまっているような感じがするなど、母乳についてお困りのことはご相談ください。授乳はリラックスが一番大事、頑張りすぎてはいけません。母乳を無理なく続けるためにはどうしたらいいか一緒に考えましょうね。

 

乳腺炎になってしまったら

 乳腺炎になってしまった場合、抗生剤の内服が必要な場合がありますが、そのことで授乳をやめてしまうことがないよう、赤ちゃんに影響をおよぼしにくい抗生剤を選び、授乳をつづけながら乳腺炎をなおしていくことをしています。乳腺炎のときは、薬をのむのと同じくらい赤ちゃんに吸ってもらうことが大事。痛くて大変ですが、赤ちゃんのために、授乳をやめずに頑張りましょう。

 

  • 診療時間

    午後1:00-5:30

    診療時間表

    土曜日の診療時間は

    午前9:00-13:00

    木曜、日曜、祝日は休診です。

  • きの小児科医院

    〒616-8434
    京都市右京区嵯峨鳥居本
    仏餉田町20番5

    075-406-7511
  • 診療カレンダー
  • アクセス
  • 問診票ダウンロード
  • 院長ブログ