漢方外来

院長は音羽病院時代から、漢方治療を診療に取り入れてきました。

また六合会診療所にて漢方外来を担当し、中野勝輝先生の指導を受けました。
現在は日本東洋医学会、北摂中医学研究会に所属し、土方康世先生、峯尚志先生に師事し、漢方の研鑽を続けています。

 東洋医学は数千年前より人間を自然とのかかわりの中でとらえ、観察してきました。
月と太陽が陰と陽をあらわすように、人間の身体にも自然界と同じ陰陽の法則があると考えたのです。そして陰陽の調和こそが東洋医学の目指すところです。樹木が日の光にむかって葉を伸ばし、上へと向かう力と、地中に深く根ざしていこうとうする力。この二つの力が調和している姿が自然のありのままの姿です。

 一方西洋医学は、原因追及の医学です。いろいろな検査、診断機器によって病因を明らかにして病名をつけ、病因を解決する適切な薬を処方します。
当院では、的確な西洋医学的診断を行うとともに、病名治療でとりこぼしてしまった、具体的な患者さんの病態を東洋医学の目でもう一度とらえなおして、証を決定し、よりきめ細かい治療をおこないます。

 心身の調和を取り戻すことは自然のありのままの姿をその人が取り戻すことだと思っています。漢方薬は心身の調和を取り戻す方向付けをしてくれる、人々の生活に古くから深く根ざした治療法です。
冷え症、肩こり、頭痛、生理痛など、仕方がないと思ってあきらめていませんか?

 漢方薬における体質改善は月経不順、便秘、慢性疲労、むくみ、肥満、アトピー性皮膚炎、不妊症、更年期障害など多岐にわたります。ささいな症状でもお気軽にご相談ください。

  • 診療時間

    午後1:00-5:30

    診療時間表

    土曜日の診療時間は

    午前9:00-13:00

    木曜、日曜、祝日は休診です。

  • きの小児科医院

    〒616-8434
    京都市右京区嵯峨鳥居本
    仏餉田町20番5

    075-406-7511
  • 診療カレンダー
  • アクセス
  • 問診票ダウンロード
  • 院長ブログ