幼少期にほとんどの人が感染する水痘(水ぼうそう)の小児用ワクチンについて、厚生労働省の専門家会議で自治体が行う定期予防接種に加えることが決定されました。2014年10月からの実施を目指しています。

 水痘ワクチンは1~2歳が対象となり、3カ月以上の間隔で2回接種するスケジュールとなります。
成人後の感染は重症化する恐れもあるので、過去に1度も接種したことのない3~4歳にも14年度中に1回の接種機会を提供する予定とのことです。
まだ予定の段階ですので、また具体的な開始日程が決定しましたらお知らせいたします。
おたふくかぜやロタウィルス、B型肝炎などの自費ワクチンについても今後、公費化を検討するとのことです。

こどもたちのために早めの公費化をと思わずにはいられません。